FC2ブログ

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

子育てママ支援チーム「ママポタージュ」、子連れOKの料理教室開催へ /東京



 子育て中の主婦を支援するチーム「ママポタージュ」が4月27日、羽村市コミュニティーセンター(羽村市緑ヶ丘)で「子連れで参加」できる料理教室を開催する。(西多摩経済新聞)

 同チームを主宰する印南幸恵さんは昨年4月に出産を経験。生活、育児をしていく中で、多くの悩みに直面した。

 離乳食初期から中期、後期の移行期間での食事について悩み、同市保健センターで開いている離乳食教室に申し込むも、すぐに定員となった。印南さんは「それであれば自分たちで企画しよう」と、妊婦時代に参加した料理教室で出会った青梅市在住の料理研究家で、同じく子育て中のこぐれあいこさんの協力を得て中期離乳食教室を開催した。

 これをきっかけに今年2月、ママさんチーム支援「ママポタージュ」を結成。「お互いさま」をモットーに、2日間ある料理教室のうち、参加者の持ち回りなどで子守ボランティアや受け付け、準備スタッフを担当し、子連れOKの料理教室を定期的に開いてきた。今後は、「ママメークや子どものヘアカットなど子育てママに役立つ教室を企画していきたい」という。

 当日は、こぐれあいこさんが講師となり、「いちどのショートケーキ」「お誕生日のミニプレート」などのレシピをレクチャーする。

 開催時間は13時~15時。参加費定員16組。会費は2,500円。定員は16組。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000004-minkei-l13
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




s0368【楽販アフィリオ】スクイーズダイエット



スポンサーサイト

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

代々木高校入学式に、ペンギン駅長の「志摩ちゃん」がサプライズゲスト /三重



 広域通信制高校「代々木高校」(志摩市阿児町賢島)の7回目の入学式が4月17日、ペンギンたちが戯れる「志摩マリンランド」(同)エントランスの水槽前で行われた。(伊勢志摩経済新聞)

【画像】 ペンギンが泳ぐ水槽の前で入学式「代々木高校」

 同校は志摩賢島を本校とし東京、名古屋、大阪に本部を置き、全国40以上のサテライト校のほかオーストラリアやカナダなど海外でも日本の高校に通える環境を提供する。高校生の思い実現のため、「海外留学派」「スポーツ派」「とにかく高卒!らくらく派」「脱・自宅派」「スーパー進学派」「引きこもり・不登校克服派」「手に職派」「出直しのR-18派」「ワーキング派」など目的別にさまざまなカリキュラムを用意する。

 この日の入学式には新入生38人中24人が出席。近鉄賢島駅のペンギン駅長で志摩市の観光特使も務める人気のフンボルトペンギンの「志摩ちゃん」もサプライズゲストとして出席。記念撮影時には自由に会場を走り回り、周囲を和ませた。

 飲食店に通いながら高校資格が取れる「伊勢志摩料理人コース」には今年最大の7人が入学。7人はすでに3月から同校が手配した飲食店で働き、修行の身に。この日は全員が休みを取って入学式に臨んだ。

 同校校長の一色真司さんは「代々木高校の入学式会場はペンギンの泳ぐ水槽の前。これまで『当たり前』『常識』だと思っていたものをもう一度考え直し、既成概念にとらわれず何事にもチャレンジして高校生活を楽しんでほしい」と訓示を垂れた。来賓からは「水槽の中のペンギンは、寝ているものや潜ったり泳いだりと、さまざま。自分らしさを失わず、目の前のペンギンのように自由に、活躍してほしい」と祝辞があった。

 3月26日から日本料理店「伊勢門本店」(津市栄町)で働きながら高校生活を開始した「伊勢志摩料理人コース」の尾関誠也さん(滋賀県出身)は「3年間頑張ります」と意気込みを言葉にした。

 同校には、今年168人が入学、4月17日現在で全校生徒627人となった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000002-minkei-l24
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




サラリーマン筋トレ~the shot~



ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

宇部の食堂が新メニュー「重ね?中華カツ丼」?バリそばでサプライズ /山口



 超大盛りメニューの提供で話題を呼んだ宇部の食堂「おかげさまII(ツー)」(宇部市中央町)が4月3日、新メニュー「重ね?中華カツ丼」の提供を始めた。(山口宇部経済新聞)

【画像】 ご飯に下に「バリそば」

 通常のカツ丼の上にさらにカツ丼を載せる大盛りメニュー「重ねカツ丼」をはじめ、数々の大盛りメニューの提供で知られる同店。「当店は丼メニューがメーン。『重ねカツ丼』も浸透してきた。次なるユニークな丼メニューを考えていたところに中華との融合を思いついた」と自信満々に新メニューを紹介する店主の植木さん。

 同メニューは、アサリ、ホタテなど4種類のシーフードの「甘酢あん」を掛けて中華風にアレンジしたカツ丼で、同店初となる他ジャンル料理とのコラボメニュー。1.5合のご飯の下には乾麺の「バリそば」を敷き詰めて「食べてびっくりする」サプライズを演出する。

 「甘酢あん」は自家製のものを使うほか、ご飯は市内小野産のものを使用。カツは、今春リニューアルしたという肩ロース肉を重ねたミルフィーユカツで提供する。価格は700円(大盛りは800円)。

 「普通盛り」の新メニューについては「大盛りではないので安心して(笑)」と笑顔を見せる植木さん。「日本にこんな食べ物はないと思う」と胸を張る。「カツ丼は、女性にはなかなか食べにくいものという見方があったと思うが、中華風にすることで食べやすくした。バリそばにたどり着くまでは試行錯誤の繰り返しだった。ご飯とのパリパリとしたハーモニーを楽しんでもらえれば」とも。

 営業時間は11時30分~14時。18時30分~23時(夜の営業は金曜・土曜のみ)。日曜・祝日定休。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00000004-minkei-l35
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




1週間で痩せて「リバウンド」しないダイエット【nicebody(ナイスバディ)】→ モデルのような美しいボディラインを手に入れ確実にキープする。※特別記念モニター[ダウンロード版+dvd版セット]



ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

エス・ジー スマホでスタンプカード 写真はフェイスブックで共有も



 ソフトウエア開発のエス・ジー(東京都港区)は、定番の集客手段「スタンプカード」のスマートフォン(高機能携帯電話)版を提供する。スマホの爆発的な普及を踏まえて、携帯画面上でスタンプをためる仕組みを飲食店や衣料品店などに来店促進策として提案。1万店の利用をめざす。

 新サービスは、スマホで撮影した商品や店舗の写真をスタンプとしてためることが特徴だ。例えば、居酒屋を運営する企業が、エス・ジーのサイト上で利用を申し込めば、「スタンプがたまったら生ビール1杯サービス」といった特典を設定できる。この基本サービスの利用料は無料だ。

 消費者側からみると、会員制交流サイト「フェイスブック」を利用するための権利「アカウント」があれば、簡単にスタンプカードを楽しめる。

 まずスマホで、無料専用ソフト「Scopp(スコップ)」をダウンロードする。次にソフトを起動し、自身のアカウントでスコップ専用画面に入ると、自身の居場所に近い店舗リストが自動的に表れる。

 その中の気に入った店舗を選ぶと、スタンプカード画面が表示される。表示後は、スマホで来店先の料理などを撮影し、好きな部分をまるく切り抜く。最終的に、「スタンプ」ボタンを押すと、カードのまるい枠に自身の円形写真が登録される。

 このカードは、フェイスブック上の友人と共有できる。このため、仲間と一緒にスタンプをためて特典が得られる。これに対して紙のカードは、基本的に1人でこつこつとためなければならないため、長続きしにくい。

 当面は、無料サービスの展開で認知度を高めるが、今夏以降に企業向け有料サービスも立ち上げる。

 スコップを使う消費者のプロフィルやスタンプ履歴などを集計・分析し販促に役立てるサービスなどを開発中だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000009-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




■ ミラクルモデルダイエット ■ 食べても食べても太らない!実践した人の96.5パーセントが痩せた!”男女兼用”の究極のダイエット方法! 科学的根拠あり!”藤咲あやか”のミラクルモデルダイエット  



ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

やっとハッキリした!!「ポスト紳助」バナナマン設楽 ロンブー淳



 オセロ中島から小林幸子へ――ドタバタ続きの芸能界だが、TVの現場は着実に動いている。引退した島田紳助の後釜は2人に絞られたという。テレビ局が重宝がる、ポスト紳助の有力候補は、バナナマンの設楽統とロンドンブーツ1号2号の田村淳。
 4月から昼間の情報番組を改編したフジテレビは、設楽を新番組「ノンストップ!」、ロンブー淳をリニューアルして枠移動した「知りたがり!」にレギュラーMCとして起用。NHK・Eテレは設楽を教育番組「できた できた できた」のレギュラーに、TBSはロンブー淳を深夜バラエティー「テベ・コンヒーロ」の司会に起用した。
 1週間(12~18日)の出演本数は、設楽17本、ロンブー淳18本。朝から晩まで2人が画面をジャックしているといっていいほど、過剰露出状態だ。なぜ設楽とロンブー淳なのか。
「両者ともタイプは違うものの、30代、40代女性の視聴者の受けがバツグンなんです」というのは、「ノンストップ!」の一コーナーも手がける放送作家の山田美保子氏。
「設楽さんはとにかく器用。高級ブランドのスーツも着こなせるルックスとスタイルの良さを持ち、それでいて、自分の家事の裏ワザを明かすなど生活に密着した話もでき、好感度が高い」
 新番組スタート時は低迷するのが普通だが、「ノンストップ!」はこの時間帯としては堅調な4~5%台の視聴率をマークしている。
 一方のロンブー淳。
「歌手やモデルなどと恋の噂が絶えず、モテ男の象徴。仕事の現場でも発揮し、出演者や制作スタッフにお礼のメールを送るなど本当にマメで気遣いができる。番組で政治ネタから料理まで何でも話せるオピニオンリーダー的存在になりつつあり、紳助さんに近いタイプだと思います」(山田美保子氏)
 2人は73年生まれの38歳。ギャラは紳助の半分程度。コストパフォーマンスも上々なのだとか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000006-nkgendai-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




山口博士の猫背矯正完全マニュアル




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。