FC2ブログ

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報 > スポンサー広告 > 不快感を持たれずに自分の意見を通す??アサーティブ

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報 > 未分類 > 不快感を持たれずに自分の意見を通す??アサーティブ

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

不快感を持たれずに自分の意見を通す??アサーティブ



 「グローバル時代を生き抜くスマートリーダー術」というテーマで、前回は「正論で人は動かない」、ソフトとハードを組み合わせることが大切だと話しました。今回はアサーティブ(assertive)について話します。

●アサーティブとは

 アサーティブという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 わたしは英国系の航空会社に入社し、ロンドンでトレーニングを受けた際に初めて聞きました。ちなみに、トレーニングはマルティナショナルで行われ、日本からはわたしを含めて2人、その他香港から7人、ブラジルから2人、パキスタンから3人というメンバーで行われました。英語でトレーニングが行われる中で、イギリス人のトレーナーに"You should be assertive."と言われました。学校の英語の授業で聞いたことがなく、初めて聞く言葉でした。全然意味が分からず、その場で英和辞書を調べてみると、こんな説明が出てきました。

断定的な、独断的な、自己主張の強い

 「独断的になればいいのだろうか?」と、なんだかうまく理解ができませんでした。よく分からなかったので、英英辞典で調べてみました。

Behaving in a confident way so that people notice you
人々が自分を分かってくれるように、自信を持ってふるまう

 これで少し合点が行きました。イギリス人のトレーナーにどういう意味かと質問すると、「Be Confident」という言葉が返ってきました。

ちなみに、Confident という言葉を聞くと、自信満々なというイメージを持ちますが、決してそんなことはありません。Confidentを英英辞典で引くと次のように書かれています。

Sure that you can do something or deal with a situation successfully
何かをできる、状況に適切に対処して成功するということを確信すること

 客室乗務員はサービスをする人というイメージを持たれますが、外国の航空会社では保安要員という考え方が強く、トレーニングの時間もほとんどがそれに割かれます。緊急事態が発生したときに自信を持って行動できるか、これはとても大切になるのです。

●阿吽の呼吸は通用しない

 よくいわれることですが、われわれ日本人は「言わなくても分かるでしょう」「行間を読んでよ」というところがあります。

 ある外資系企業の経営幹部の方が言っていました。われわれが育ってきた環境というものがわれわれの考え方に影響しています。ものを言わないで相手が分かる、阿吽(あうん)の呼吸といわれますが、それはまったく通用しません。黙っていると無能だと判断されます。自分が絶えずアピールする必要があります。価値観の違う人たちと闘っていかなければいけないのです」

 このシリーズの最初に話しましたが、大学を卒業して客室乗務員として働き始めたときに、ある日本人の先輩から「主張しないと、自分が損するよ」 と言われました。複数のチームで働くのですが、イギリス人のパーサーが新人のわたしに仕事を割り振り、それを横目に欧米人クルー何名かが休んでいました。わたしは思い切って言いました。

 「わたしはこちらの通路からくるお客様のケアをするから、あなたはあっちの通路からくるお客様のケアをしてくれますか」しっかりと自信を持って明確に話すと、理解してくれたようで、指示通りに動いてくれました。わたしが一人で頑張っているのだから分かってくれるだろう、やはりそれは通じないのです。

 ただし、何かをやってほしい、もしくは自分の指示通りに動いてほしいと思い、「あれをして」と伝えても人がすぐに動いてくれるわけではありません。

「こういう理由だからこういうことをやってほしい」「こんなことを期待しているからこれに取り組んでほしい」「自分は○○をやるから君は○○をしてほしい」。このように意義を伝えたり、自分もやるのだという姿勢を示す必要があります。

●何かできることはありませんか?

 あるとても有名な料理研究家に会う機会がありました。彼女はフランスでミシュランの3つ星を獲得している有名ホテルのレストランやその他のレストランで2年間働き、現在は日本に戻って活躍しています。

 その有名ホテルレストランの厨房で働くことが決まったとき、彼女が行ったことがあります。シェフたちは、男性の白人ばかり。彼女はアジア人でましてや女性。誰も目をくれません。そのお店で働くことが決まった1日前に厨房に行き、キッチンのどこに何があるかをノートに描き、すべて暗記。また、見つけた名前のリストもすべて暗記し、出勤初日に備えました。

 翌日初めて厨房に行った際、自分から手を差し伸べ、「Bonjour, C'est ○○.(こんにちは、○○です)」と挨拶して相手の名前を聞いていきました。相手の名前を聞いたら、必ず名前を呼ぶようにしました。そして毎日相手の名前を呼び、その後に必ず自分の名前を言うということを繰り返しました。「Bonjour, Pierre. C'est ○○.(こんにちは、ピエール。○○です。)」そのようにして自分の名前を覚えてもらったといいます。

 一方で、仕事はじゃがいもの皮むきからスタートしたそうですが、あるシェフが「鍋がないか?」というと、すかさずそれを持っていきました。どこに何があるかを覚えていたので、できたのです。また、彼女は周りの人に「何かできることはありませんか」といつも聞いてまわりました。そうすると、「それならこれ頼む」と言われ、言われたことを確実に行い評価されるようになりました。自ら包丁研ぎ教室を開催し)日本の庖丁を研ぐ技術は素晴らしいそうです)、「みんなの包丁、といであげるわよ」と言って、教えながら信頼を勝ち取っていったといいます。

 そんな地道な努力を積み重ね、彼女は数カ月後には調理を任されるようになったのです。自分の意見を聞いてもらうためには、「何かできることはありませんか」と自分から質問し、歩み寄り、語っていく、という努力が欠かせないのです。

●自分の意見を言えることの大切さ

 ライフネット生命の出口治明社長に会う機会があり、出口さんがロンドンにいた際にある英国人のブローカーから聞いた話について語ってくれました。

 「英国の初等教育のポイントは2つ。人間はそれぞれ顔が違うように、考え方も違う、自分の考えをしっかり話せるように指導することがひとつ。もう1つは、そういう人たちが集まって社会を形づくるのだから、queue(並ぶこと、お互いに譲ること)を教えること」

 グローバルな時代だからこそ自分の意見をしっかりと言い、一方で自分から何かができないか、と歩み寄り、対話をしていく――それが求められているように思います。

 今回は「不快感を持たれずに自分の意見を通す―アサーティブ」ということに焦点を当てました。次回は、「対話を継続する」について話します。【林正愛】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000006-zdn_ep-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



シェイプアッププログラム 【フィットネス&ダイエット】様々な角度から「しっかりと痩せる方法」で毎月2キロ~3キロずつ減量させるプログラム



<<ニューヨーカー10人に4人「韓国料理が好き」ルクルーゼのチェスナット 激安店情報【シンガポール】JNTOが大型商談会、32団体・企業出展>>

<<ニューヨーカー10人に4人「韓国料理が好き」ルクルーゼのチェスナット 激安店情報【シンガポール】JNTOが大型商談会、32団体・企業出展>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。