FC2ブログ

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報 > スポンサー広告 > ルクルーゼの語源      

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報 > チェスナット人気のヒミツ > ルクルーゼの語源      

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクルーゼのチェスナット 激安店情報

ルクルーゼの語源      

ルクルーゼチェスナットのような独特なデザインと色を創造するルクルーゼ。このルクルーゼの語源を探ってみましょう。 「ル」とは、「クルーゼ」とは、フランス語で「坩堝」を意味します。高熱でどろどろに溶かした鋳鉄を型に流し込む製法を表している「クルーゼ」に定冠詞の「ル」をつけて「ル・クルーゼ」の社名は誕生しました。 坩堝(るつぼ)とは、ガラスを溶かす為に用いる、陶器または磁器製の容器 http://homepage1.nifty.com/meltglass/episode2.htm 坩堝は、「いるつぼ(鋳る壺)」の訳、もしくは「ろつぼ(炉壺)」が転じた語と考えられるようです。 「興奮のるつぼと化す」など熱気に溢れた状態を表す「るつぼ」は、坩堝の中が灼熱の状態にあることから比喩的に用いられるようになりました。 「人種のるつぼ」など種々のものが混ざっている状態を表す「るつぼ」は、坩堝が金属を溶融混合することにたとえたもので、イギリスの作家イズレイル・ザンクウィルが「坩堝」を意味する「meltingpot(メルティングポット)」を戯曲名にし、他民族が混在したアメリカ社会を「人種の坩堝」と形容したことから広く用いられるようになりました。ただし、るつぼでは「溶け合う」といった同化の意味が含まれてしまうため、種々のものが混ざっていても個々に味があるということで、近年は「salad bowl(サラダボウル)」と表現されることが多くなっています。

<<ルクルーゼの歴史と職人魂ルクルーゼのチェスナット 激安店情報ルクルーゼ チェスナット クリスマス限定商品      >>

<<ルクルーゼの歴史と職人魂ルクルーゼのチェスナット 激安店情報ルクルーゼ チェスナット クリスマス限定商品      >>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。